Create Workflow

この章ではWorkflowを新規作成する方法を説明します

はじめに

Workflow一覧画面の右上にあるcreate workflowボタンを押して、workflow新規作成画面へ移動します

Sourceの選択

左ペインのSOURCE一覧から、データをImportしたいサービス(コンポーネント)のアイコンを選択し、ドラッグ&ドロップで作業スペースに配置します

配置する際にポップアップが表示され、必要な設定情報を入力します

詳細は各コンポーネントの設定方法を参照してください

各コンポーネントの設定変更方法

各コンポーネントの右下のボタンのSettingより編集が可能です

Transform / Analytics / Sink(出力先)の配置

Sourceと同様にImportしたデータに対して行いたい処理を左ペインから選択します

Dependencyの設定

各コンポーネントの右側から矢印を使って、依存関係を作ることができます

完成図の例を以下に表示します

Workflowでは複数の依存関係を作ることが可能です。例えばクレンジングしたデータを、複数のシステム内のMySQLに同時にExportすることが可能です

Deploy

作業スペースで一通りのコンポーネント配置と依存関係を設定した後、画面右上のDEPLOY WORKFLOWを実行し、状態を保存します。この時、Workflow名を必ず入力して下さい(画面左上にて入力が可能です)