Links

Salesforce

Sink Salesforceを使用して、Salesforce内のオブジェクトにデータを転送することができます。オブジェクトは標準オブジェクト・カスタムオブジェクト共に対応しています。

Sink Salesforce

入力例

name
required
description
json field for import
type
表示名
任意
任意のタスクの表示名を入力します。
接続情報
必須
接続情報画面で設定した、Salesforceへの接続情報を選択します。
integration_name
string
Sobject
必須
オブジェクトのAPI参照名を指定します。
API参照名に関してはオブジェクトマネージャから確認できます。
例:
「商談」オブジェクトの場合は「Opportunity」と入力
「取引先」の場合は「Account」と入力
sobject
string
モード
必須
オブジェクトに対するデータ送信のモードを選択します。
「insert」「update」「upsert」「delete」が使用でき、いずれか一つを選択する必要があります。
ここでは便宜上送信されるデータのことを「レコード」と呼びます。
※Salesforceではupsertを推奨しており、基本的にデータ送信の用途ではupsertを使用する形で問題ないと思います。
mode
string
Key Field
必須(モードがudate/upsert/deleteの場合)
key_field
string
Camelize
任意
有効化した場合、データの項目名を送信前にキャメルケースに変換します。
camelize
boolean

モード

name
description
insert
オブジェクトに対して新しくレコードを作成します。
update
「Key Field」で指定したIDのレコードが存在する場合、そのレコードを送信するレコードに更新します。
upsert
「Key Field」で指定したIDのレコードが存在する場合、そのレコードを送信するレコードに更新します。存在しない場合は、insertと同様新しくレコードの作成を行います。
delete
「Key Field」で指定したIDのレコードを削除します。
SalesforceへはSOAP APIを介してデータが書き込みます。そのため、XMLで利用できない一部制御文字は書き込むことができません。 XMLで利用できない文字は?に置換されます。