Links

Kintone

Sink kintoneを使用して、Kintoneにデータを転送することができます。

Sink Kintone

入力例

name
required
description
json field for import
type
表示名
任意
任意のタスクの表示名を入力します。
接続情報
必須
接続情報画面で設定した、kintoneへの接続情報を選択します。
integration_name
string
テーブル
必須
書き込み先のテーブル(アプリ)名を指定します。
table
string
アプリID
任意
アプリIDを指定します。
app_id
string
ゲストスペースID
任意
ゲストスペースのIDを指定します。
guest_space_id
string
モード
必須
insert ,update ,upsert から選択します。
mode
string
bulk
モードがupsert/updateの場合に任意
一括更新を行いたい場合に選択します。その際のKey FieldはRecordIdのみ対応します。
bulk
boolean
Key Field
モードがupsert/updateの場合に必須
update/upsertのkeyになるカラム名を指定します。bulkが有効な場合はRecordId固定となります。
key_field
string
仕様上一括更新で指定可能なKey FieldはRecordIdのみとなります。
kintoneアプリケーションはカラムの型として文字列や数値だけでなくチェックボックスや添付ファイルといった形式もあります。それらのカラムに存在しない値を書き込もうとしたり、ドロップボックスが必須のフィールドであったりすると(ファイルなどをドラッグ&ドロップできないため)workflowから実行できません。

モード

選択肢
説明
insert
追記モードです。既存に存在しないレコードを書き加えます。
update
更新モードです。既存に存在するレコードを書き換えます。
upsert
既存に存在しないレコードを書き加え、存在するレコードを書き換えます。

指定可能なKey Fieldカラムの仕様

  • Kintoneアプリの主キーであるRecordIdの他、主キー以外の任意のカラムをKey Fieldカラムとして指定することができます。
  • 書き込む側・書き込まれる側(Kintoneアプリ側)双方に同名のKey Fieldカラムが必要になります。 どちらか一方、または両方とも欠けている場合、keyfield not foundというエラーが発生します。
  • 書き込む側・書き込まれる側双方のKey Fieldカラム内の値に重複した値を入れることはできません。どちらか一方、または両方ともに重複した値が入っていた場合はduplicate values in key_fieldエラーが発生します。
  • Key Fieldカラム内の値にnullが入っていることを許容します。

Key FieldカラムにRecordIdを指定する場合の名前について

KintoneのアプリにはRecordIdというレコードが追加されるごとにオートインクリメントされるカラムがデフォルトで設定されています。RecordIdはKintoneアプリ上で自由に名前を変更することが可能ですが、Reckoner上では仕様的にRecordIdという名前でこのカラムを扱います。そのため、もしKey FieldRecordIdを指定する場合は、Kintoneアプリ上でRecordId以外の名前を設定していたとしても、RecordIdと入力して下さい。また、その際書き込む側のテーブルにも同様のカラムが必要になりますが、その名前もRecordIdとして下さい。

RecordIdの挙動について

  • insertの際、書き込む側のテーブル内にRecordIdというカラムが存在し、値が入っていたとしても、Reckoner内部でその値は無視されKintone側でオートインクリメントされた値がレコード登録時に付与されます。
  • upsertの追記時も同様に値が無視されレコードが登録されます。

upsert実行例

書き込む側の入力データ

RecordId
顧客名
部署名
TEL
1000
戸田ネットソリューションズ
開発本部
090-1234-5678
金都運総研
情報システム部
090-1234-5678
1001
池田学院大学
情報システム部
090-1234-5678
1002
寺島総合法律事務所
営業部
090-1234-5678
有限会社亀山
経理部
090-1234-5678
1003
中丸建設
総務部
050-1234-5678
1004
ミヤタシステムズ
ソリューション営業グループ
090-1234-5678
1010
塚本ソフトウェア
開発本部
090-1234-5678

書き込まれる側(Kintoneアプリ側)のデータ

RecordId
顧客名
部署名
TEL
1000
戸田ネットソリューションズ
開発本部
090-1234-5678
1001
池田学院大学
情報システム部
090-1234-5678
1002
寺島総合法律事務所
営業部
090-1234-5678
1003
中丸建設
総務部
090-1234-5678

実行時引数

引数
表示名
kintone sink
接続情報
kintone sink 接続情報
テーブル
顧客リスト
モード
upsert
bulk
false
Key Field
RecordId
upsert実行後の書き込まれる側のデータ
RecordId
顧客名
部署名
TEL
1000
戸田ネットソリューションズ
開発本部
090-1234-5678
1001
池田学院大学
情報システム部
090-1234-5678
1002
寺島総合法律事務所
営業部
090-1234-5678
1003
中丸建設
総務部
050-1234-5678
1004
金都運総研
情報システム部
090-1234-5678
1005
有限会社亀山
経理部
090-1234-5678
1006
ミヤタシステムズ
ソリューション営業グループ
090-1234-5678
1007
塚本ソフトウェア
開発本部
090-1234-5678
RecordId 1003TELがupdateされ、RecordId 1004 1010 のレコードがinsertされているが、1010は無視されKintone側で割り振られた番号が付与される。 RecordId nullのレコードには10041005RecordIdが自動で割り振られる。