SalesforceからSalesforceへデータを移行する方法

全体図

Source詳細

Salesforce

次のように設定します。

移行元としたいアイテムであるSobjectの項目は、Salesforceのホーム画面から設定に移動し、

「オブジェクトマネージャ」から、「API 参照名」の列にある文字列を入力します。

Transform詳細

フィールド変換

移行元のカラム名と移行先のカラム名の違いを、フィールド変換によって対応します。

移行元・移行先のカラム名は、Salesforceの設定の「オブジェクトマネージャ」から該当のSobjectをクリックし、

左のペインから「項目とリレーション」を選択し、右のペインのカラムに表示されている、「項目名」の列が、フィールド変換で入力するカラム名になります。

また、移行先のSobjectには、Salesforceで作成されるID項目とは別に、Sinkのupsertで利用するユーザ指定のユニークとなる項目を、「新規」ボタンを押して作成します。これは、Salesforceで作成されるID項目をupsertで利用できない場合があるために必要です。

データ型は「テキスト」を選択し、「次へ」を押します。

設定したい値を入れ、「必須項目」と「ユニーク」にチェックを入れ、次へを押します。

項目レベルセキュリティを確認し、次へを押します。

「保存」を押します。

Sink詳細

Salesforce

次のように設定します。

Sobjectの項目は、Sourceと同じようにSobjectの「API 参照名」を調べて、それを入力します。

モードは「upsert」にし、存在すれば更新、存在しなければ追加にします。

Key Fieldの項目は、存在するかどうかの判定を行うカラム名を設定します。