Links

実行が失敗した場合の確認方法

ワークフローの実行が失敗してしまった場合の確認方法をご紹介します。

実行履歴画面

エラーが起こった場合は、エラーになってしまったジョブをクリックし、詳細を確認します。

エラーの確認方法

1.実行タスクをそれぞれ確認し、エラーが起こっているタスクを特定します。
2.エラーが起こっている原因のタスクのエラー情報を確認します。
※こちらのサンプルイメージでは、inputデータが「name」のところ、タスクのパラメータ設定で「Name」と、設定してしまっているため、エラーが起こっています。
エラーはそれぞれタスク単位のプレビューでも確認可能ですので、ワークフローを作成している段階で、個別にチェックすることも可能です。
▼プレビュー画面