Links

Quick Start

このクイックスタートでは、Reckoner アプリケーションを使用してMySQLのデータをBigQueryに転送するワークフローの手順を紹介していきます。
以下の手順に沿ってデータワークフローを作成します。
  • インテグレーションの作成
  • ワークフローの作成
  • ワークフローのデプロイ
  • ワークフローの実行
  • ワークフローの実行状況確認
  • ワークフローのログ確認

インテグレーション

インポート用のMySQLインテグレーションの作成

エクスポート用のBigQueryインテグレーションの作成

ワークフローの作成

新規でワークフローを作成します。
ワークフロー名およびワークフローの説明を入力します。

インポート用のMySQLタスクを設定

SourceカテゴリからMySQLをドラッグ&ドロップします。

フィールド名を変換

ここでは変換機能を使ってフィールド名を変化する加工処理を実現します。
変換カテゴリから「投影」タスクをドラッグ&ドロップし、MySQLタスクからリンク(以下の画面の矢印)を接続します。

エクスポート用のBigQueryタスクを設定

シンクカテゴリからBigQueryをドラッグ&ドロップします。
「投影」タスクからリンクを接続します。

ワークフローのデプロイ

ワークフローが完成したら、保存します。

プレビューの実行

実行の前に編集画面でも、プレビューボタンからプレビューを実行することができます。
プレビュー実行の際、プレビューボタンの左にある「シンク」ボタンのスイッチをオンにすると実際にSinkされます。

個別のプレビュー実行

以上の全体のプレビュー実行とは別に、個別のタスクごとにもプレビューを実行することができます。(※以下、「投影」タスクにおけるプレビュー実行。)

ワークフローの実行

実行ボタンからワークフローを実行します。
ワークフローの実行開始までおよそ1~5分程度かかります。

ワークフローの実行状況確認

ワークフローのJob History画面から最新の実行状況を確認します。
STATUSでワークフローの実行ステータスおよび実行結果を確認することができます。
【以下ステータス一覧】
起動中 / 実行中 / 成功 / 失敗
エラーが起こった際の確認方法は以下のリンクを参照ください。