Parameters

WORKFLOW・STREAMINGでパラメーター変数機能を利用できます。

パラメーター変数機能はWORKFLOW・STREAMINGの設定内で指定した変数を

  • 設定された値で置換

  • 設定されたパラメーター関数を評価した値で置換

できる機能です。

変数の指定

WORKFLOW・STREAMINGの設定内で #{変数名} の形式で指定してください。

変数名指定

例えばSink Google BigQueryのテーブル名を指定する際に #{table} のように指定してください。

パラメーター変数の設定

画面右上の歯車マークを押して、パラメーター変数を指定してください。

例えば、上記で指定した全ての変数 #{table} TALBE_NAME に置き換えることができます。

name

required

description

key

必須

設定内で指定した変数の名前を指定してください。

value

必須

置換する値、もしくはパラメーター関数を指定してください。

値を指定した場合には、ワークフロー実行時に指定した変数が値で全て置換さレます。

パラメーター関数を指定した場合には、ワークフロー実行時に指定したパラメーター関数が評価されて全て置換されます。

パラメーター関数

利用できるパラメーター関数は以下です。

name

description

sample

CURRENT_DATE

ワークフロー実行時の日付を返します。引数無しの場合、タイムゾーンAsia/Tokyoのyyyy-MM-ddのフォーマットです。引数でフォーマットを指定することもできます。

CURRENT_DATE, CURRENT_DATE(), CURRENT_DATE(yyMMdd)

CURRENT_TIME

ワークフロー実行時の時刻を返します。引数なしの場合、タイムゾーンAsia/TokyoのHH:mm:ss.SSS000のフォーマットです。引数でフォーマットを指定することもできます。

CURRENT_TIME, CURRENT_TIME(), CURRENT_TIME(HHmmss)

CURRENT_DATETIME

ワークフロー実行時の日時を返します。引数なしの場合、タイムゾーンAsia/Tokyoのyyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS000のフォーマットです。引数でフォーマットを指定することもできます。

CURRENT_DATETIME, CURRENT_DATETIME(), CURRENT_DATETIME(SSS)

CURRENT_TIMESTAMP

ワークフロー実行時のGMTとの時差+09が付与された日時を返します。引数なしの場合、タイムゾーンAsia/Tokyoのyyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS000Xのフォーマットです。引数でフォーマットを指定することもできます。

CURRENT_TIMESTAMP, CURRENT_TIMESTAMP(), CURRENT_TIMESTAMP(yyyy)

RAND

0~1のランダムなfloat数値を返します。引数は取りません。

RAND, RAND()

GENERATE_UUID

UUIDを返します。引数は取りません。

GENERATE_UUID, GENERATE_UUID()